Monthly Archives: 9月 2020

疲れを取るまでが「トレーニング」です!

お家に帰るまでが練習会です…ではなくて…、何事もなくご帰宅されることも、とても大事ですが、

しっかり走った後は、ご帰宅後も大事です。

 

力をつけるには、体に負荷をかける(=走る)ことに加えて、生じた疲労やダメージから回復することまでがセットになります。

走りっぱなしではダメ!ということですね。

 

では、疲労やダメージから回復させるには、どうすれば良いでしょう?

・寝る!

・食べる!!

・セルフケア!!!(ストレッチ、セルフマッサージなど)

どれが大事かなぁ…と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、全部大事です。

 

寝る!食べる!!は、走らなくても行うことですし、

今日は疲れたし早く寝よう〜

いっぱい走ったらお腹すいたな、たくさん食べよう!

と割と自然に、走った後は「いつもより手厚く」できているかもしれません。

 

対して、セルフケアは、やろう!と思わないとできないものです。

でも大事です。

長時間走って硬くなっているのに、「いつかほぐれるのを待とう」なんて思ったら筋肉も怒ります。

 

凝り固まった筋肉をやさしく伸ばす、ほぐす〜走ったら必ず、ストレッチタイムは確保しましょう。

 

走り終えて、軽くストレッチ

だけでなく、

ご帰宅されて一息ついてからでも、就寝前でも良いので、座ってあちこちストレッチしましょう。

ふくらはぎ

大腿前側、後ろ

臀部

背中

肩周り首回り…

全体的にやって、更には気になるところは特に念入りにできると良いですね。

 

ストレッチをやって寝るか、やらずにお布団に潜り込むか…。翌日の感触も違ってきます。

ドリルのススメ

ランニングのドリル、基本的なものだとモモ上げやスキップですが…、皆さん定期的に行っているでしょうか?

 

練習会では、アーリープログラムとして、ウォーミングアップの一環としてドリルに取り組んでいます。

 

マラソンにとって大事なトレーニングは、確かにLSDやロング走のような「長く走る」トレーニングです。

走り方がどうであれ、「長く走る」トレーニングを継続していけば、より長くより速く走れるようになります。

 

しかし、「長く」走る種目ですから、効率の悪い動きをしていれば、それがタイムにもつながりますし、故障を招くこともあります。

1回やそこら、体に負担がかかるような動きをしたり、ちょっと力を多めに使って動いても「大したことことない」ですが、それが何千回、何万回ともなれば、「莫大」な力を無駄(?)に使うことになりかねませんし、タイムにも影響してきます。

 

だからこそ!

体を正しく使えるようにしていくことは大事なのです。

それを身につけるための一手段が「ドリル」です。

 

私はそんなにタイムも速くないから関係ないわ…

走るのは好きだけど、不器用だし、いろいろな動きは苦手…

一歩でもたくさん走る方が力がつくだろう!

などなど、ドリルとなるとちょっと敬遠したくなったり、疎かにしたくなることもあるかもしれませんが、走るのと同じくらい大事なトレーニングと考え直して、ドリルも継続していきましょう。

なかなかやらない動きは、できなかったり不恰好になっても大丈夫です。その動きのポイントを知り、少しずつできるようになれば良いので。

 

一人で走るときは、なかなかやらない、できないなあという方、ぜひアーリープログラムをご活用ください!

もちろん、お一人の時にもやっていらっしゃる方も!!ウォーミングアップで、本練習で使うべき部位を予め使っておくことは大事です。