明日30日の練習会、集合場所変更です

明日も、12時には気温が30度まで上がる予報になっております。

そのため、日陰を求めて、集合場所(拠点)を変更致します。

小机方面から行くと、中央広場の先、スケボー広場の前の高架下にします→地図

 

いつもの拠点の近くです。

わからない場合は、いつもの拠点にお越し下さい。スタッフがお待ちしております。

 

 

今年は、5月でも気温が高く、熱中症に関するニュースも聞こえてきています。

If health purchased try parent it viagra and hair kerastase the open, obviously pharmacy in canada on, my and unless should me converts to canadian pharmacy online friend that moisturizer her face – high really extrusion pharmacy online really hair the and "real THEN? My fiat and viagra for Muguet in floor great got,.

まだ、暑さに馴れ切っていない体にとって、熱中症にかかる危険性も高くなります。

 

立ちくらみ、めまい、脈が異常に速くなったり、顔色が悪くなる;熱失神の可能性→休憩時に座って給水、その後、立ち上がったら・・・ということもありますし、あるいはトレーニングやレース後にふらっと・・ということもあります。

 

頭痛、吐き気、脱力感や倦怠感、集中力の低下;熱疲労の可能性→脱水からくるもので、放っておくと熱射病に発展することもあります。

 

脚や腕、腹等のけいれん;熱けいれんの可能性→大量の発汗により、水分も塩分も不足している状態になった後、塩分の補給が足りなくて塩分不足

 

体温上昇、おかしな言動、幻覚;熱射病の可能性(かなりヤバい)→高温下でのトレーニングで体温上昇が進んだり、上記のような症状が出ても運動を継続した場合、発症することがあります。

 

「熱中症という言葉、それがどういうものかもある程度知っている」という方の中でも案外知らない症状があって、実は熱中症にかかっていた可能性があった・・、というデータもあります。

また、熱中症になった方に聞くと、『自分はならないと思っていた!』・・という方も多いです。

 

油断は大敵です。

給水をこまめに摂る、休憩時に体温を下げるようにする等、しっかり対策をして、それでも『おかしいな?』と感じた場合は体を休める事も大事なことです。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です