暑くなってきました!

だんだん暑くなってきていますね。

最高気温の十の位が2になり3になり・・・。

 

24日の練習会では久しぶりにWBGT計も登場しました。

この日は20.4とか20.7とか、まだギリギリ『ほぼ安全』の範囲(=21までが安全。21〜25が『注意』になります。)でしたが、暑さに馴れていない体にとっては『要注意!』でしたね。

暑くなり出すこの時期は、真夏ほど暑くなくても体が暑さに馴れていないために熱中症にかかることもあります。

 

給水休憩でもおかわりする方も増え、また、ドリンクの量が少ないコップは売れ行きが非常に悪く、たくさん入っているコップから飛ぶように消えていきました。

 

なお、『喉が渇いた!』と感じた時には、体内の水分は減り出しています。

そんな時には、しっかりと給水することが必要です。

また、走っている途中で『のど渇いたな』と感じたら、給水休憩の時ではなくても給水所にお立ち寄り下さい!

 

それから、けいれんが起きるような場合は、ナトリウムが不足していることもあります。

まず涼しいところで休み、水分と塩分の補給をしましょう。

そのような場合、必ずスタッフにお声かけ下さい。

OS-1、常備しております!

 

また、一休みして立ち上がったら立ちくらみ〜なんてこともあります。

ただの体調不良かな、いつもの立ちくらみかなと思ってそのままにするのは危険です。

というのも、体温を下げようとして血液が体の表面近くに行ってしまい、脳に行く血液量が少なくなっているために立ちくらみやめまいが生じることもあります。

これを『熱失神』と言います。

 

そもそも、体調があまり良くない時は要注意、決して無理はできません(というか、トレーニングできるかどうかも慎重にご判断を!)し、体調が良くない時にも熱中症はかかりやすくなります。

 

今の時期に汗をしっかりかいて、暑さに体を馴していくことは大事なことですが、暑いのに我慢して炎天下を走れば良い、と言うものでもありません。

涼しい日陰もあるようなコースを選んで、給水も摂りながらしっかり走ることによって、体を暑さに馴らしつつ、トレーニングとしてもちゃんと走って力をつけていくことを目指しましょう。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です