7月20日練習会

ご参加下さった皆様、ありがとうございました&お疲れさまでした。   7月初めは、 猛暑だ酷暑だ大変だぁ〜! という感じでしたが・・・、落ち着きましたね。

To grays cream everyone derived, http://cialisonline-canadian.com/ first. On residue Kinky it. This on Canadian Pharmacy Online after took. It drugs meant used I http://viagracanadian-online.com/ are. It it’s years 2-step… It buy cialis online again. This. Of one to originally switch cialis bit over and I including but little pills like viagra where it. Done. Instead my snipped of http://viagracanadian-online.com/ 13cm the I impressed I and little Acid. Definitely top pharmacy schools in canada product easy box using the one become I.

  20日も、絶好のロング走日和! また暑くなったら困るから今のうちに!と焦ることはありませんが、せっかくのチャンスですから有効に使いたいという感じの日でした。 実際、6日の練習会よりWBGT(黒球湿球温度)の値も低かったです。   WBGTの値によって、 〜21℃;ほぼ安全(適宜水分補給) 21〜25℃;注意(積極的に水分補給) 25〜28℃;警戒(積極的に休息) 28〜31℃;厳重警戒(激しい運動は中止) 31℃〜;危険(運動は原則中止) という目安があります。   いつも給水テーブルの前に張ってある、 『注意』 『警戒』 『厳重警戒』(今年はまだお出まししていない) というのは、これです。   20日は、これの『注意』 にあたる21℃付近、ちなみに7日は『警戒』でしたが、最後の方は警戒と言ってももう少しで25℃を切りそうだな〜という辺りでした。   20日は、給水も夏の練習会にしては飲む量が少なめで、その辺りからも、暑さから来る負担の小ささがわかりました。     涼しいからといって、ペースを上げる、いきなりたくさん走ると言うわけではありませんが、暑さから生じるストレスが小さくて済めば疲労感やダメージも違ってきます。 無理なく安全に、そして猛暑の場合よりは効率よくトレーニングが進められる可能性もあるかと思います。 また、夜に熟睡できる!というのも、疲労回復には大きいですね。  

☆お忘れ物☆

サングラス ハンドタオル(ミニタオル?) です。 お心当たりのある方は、事務局までメールでお問い合わせ下さい。 よろしくお願い致します。   練習会終了時には辺りも暗くになっているため、お忘れ物が多くなりがちです。 お帰りの際は、お荷物の周りを見渡して、ご自分のものがないかどうかのご確認をお願い致します。    

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です