1月26日練習会

ご参加下さった皆様、ありがとうございました&お疲れさまでした。

 

日差しはあるけれども風もあり、

寒い!

と言う方もいれば、

寒くない!

と言う方もいらっしゃいました。

 

同じ場所で同じ条件で走っていても、感覚は違うものですね。

発汗量にも違いは出てくるでしょうし、であれば、給水の最適量も、また、ナトリウムの補給のタイミングや量も違ってくるはずです。

 

喉の渇き具合や発汗の感じ、そして練習終了後の喉の渇き具合や飲水量から、自分はどのくらい飲めば良いのかを探っていきましょう。

走っている途中で喉の渇きが強くなったり、練習後に水分を摂っても摂っても足りない感じでたくさん飲んだ、という場合は、走行中の給水量を増やした方が良いというサインである可能性もあります。

また、汗にはナトリウムも含まれていますから、汗で出ていったナトリウムも補給していかなければなりません。

そんな時には『塩熱飴』です。

練習会に再登場しましたので、適宜ご利用下さい。

 

 

☆お忘れ物☆

サングラスです。

お心当たりのある方は、事務局までメールでご連絡下さい。

 

 

☆2月練習会の予定(全て駒沢です。)☆

2/2

20〜30kmのロング走(4’15″、4’45″/km、5’15″/km、5’45″/km、6’15″/km)

3時間LSD

 

2/9;20〜30kmのロング走 Aバージョン(4’00″〜6’30″/km)、3時間LSD

2/16;20〜30kmのロング走 Bバージョン(4’15″〜6’15″/km)、3時間LSD

2/26;20〜30kmのロング走 Aバージョン(4’00″〜6’30″/km)、3時間LSD

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です