【練習会】1月28日

参加された皆様、お疲れさまでした。

久しぶりの新横浜開催でしたが、芝生広場もオープンして思う存分に走ることができました。

 

新横浜公園開催の場合の特別メニュー、ロングファルトレク走と坂道インターバルを行いました。

あ、LSDグループも健在です。

ロングファルトレクは、2時間か2時間半、プラス坂道インターバル

LSDは、2時間か2時間半でプラス坂道インターバル、あるいは3時間LSD

と、状態や狙いに沿って選択できるようにしました。

 

ファルトレク走、聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、訳すと「スピードプレイ」です。

地形を利用して、自在にスピードを上げたり下げたりするトレーニングです。

新横浜公園の場合、坂道もたくさんありますし、また芝生広場も走れますし、公園の周回コースも走れます。

上り坂で軽いダッシュを繰り返してみたり、芝生で少しペースを上げてみたり、しばらくjogでつないだあと、途中でビルドアップ走を挟んでみたり・・と、休むことなく動き続ける中で、自由気ままにいろいろなスピードで遊ぶ(プレイ)のが、ファルトレク走です。

自由気ままと言っても、最初に力を使い果たして、最後はヘトヘト、ぐったりのjogとなっては困りますから、目標とした時間内で最後まできっちり動き続けられるようにすること、その中で、いろいろなペースの変化を楽しむのがポイントです。

2時間〜2時間半に渡って走り続けますから、ロング走と同じように持久力の向上も期待できますし、

また、途中で強度が上がる、スピードが上がる部分がありますから、この先のロング走で更なる余裕が出てくる可能性も見込むことができます。

更には、坂道を疾走するには、どうしてもモモを高く上げる必要が出てきますから、フォーム作りの一環にもなります。

 

確かに、いつものロング走と違って、1kmあたり何分何秒ペースか、あるいは2時間〜2時間半でどれだけ距離を踏めるかといった数字は正確なものは出てきません。

じゃあ日誌に距離が書けないではないか!月間走行距離が計算できないではないか!と思われるかもしれませんが、距離やペースだけでは評価できない効果があるわけで、走り込み期間中のスパイスとしては大いにオススメなトレーニングです。

(練習日誌の距離の欄は、大雑把な数字でどうぞ。。。)

 

LSDも、坂道や階段、芝生を使って、いつもとは少し違ったLSDとなりました。

起伏&不整地LSDです。

普通の道路と比べると、芝生は走りにくいことが多いです。

道路のように真っ平らで硬いところより、芝生のような、柔らかく、真っ平らではないところで片脚立ちをする方が安定感は小さくなります。

だからこそ走りにくいわけですが、そのようなところでペースを抑えてじっくり走る、安定しにくい場所で安定させようとすることが、細かな筋肉に刺激が入り、真っ平らな道路ではより走りやすくなります。

ですから、不整地LSDもまた、時々入れていきたい、オススメメニューです。

 

次回の新横浜公園開催は2月26日になります。

皆様のご参加、お待ちしております!

 

☆2月練習会予定☆

2月4日(駒沢);バージョンB(4’15″/km、4’45″/km、5’15″/km、5’45″/km、6’15″/km、LSD)

2月11日(駒沢);バージョンA

2月18日(駒沢);バージョンB

2月25日(新横浜);ロングファルトレク走、坂道インターバル、LSD ←場所確定しました。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です