【スタッフより】レース報告&ボストンマラソンの思い出

スタッフの廣瀬ですshine

rain先週末は豪雨の中の山中湖ロードレースに出走してきましたtyphoon

土曜練習会に参加している皆さんの中にも、あの雨の中、張り切って走っていた人いたでしょうね!

子供の小学校の運動会開催の恐れもありましたが、朝起きてみると「運動会やる訳ないわ・・・」というくらいの悪天候(=私にとっては好天候!?)ame.gif安心して会場に向かうことができましたrvcar

会場に着くとさらに雨が強まり・・・痛いくらいの雨に打たれながらスタートを待つという状況でしたwobblyでも、なんだか久々のレースでわくわく。張り切ってスタート。

起伏があったり、雨が滝の様に流れてくるところがあったり・・・飽きずにレースを進めることができました♪。

ハーフの選手と1周の選手が入り乱れてのレースだったので、順位も分からずでしたが、ラスト5キロあたりで女子ランナーを抜き、トップに立っていたらしい・・・te02.gif

結果、優勝し9月のシドニーマラソンに行けることになりましたo(*>▽<*)o。

 

さて、海外マラソンは今までにボストン・ホノルル・パリ・台湾に行ったことがあります。

中でも、とても思い出に残っているのが、ボストンマラソンですbikkuri04.gif

この間、2時間03分02秒というものすごいタイムが出ちゃいましたが…

参考タイムになってしまったとは言え、あのコースで世界新記録。きっと気持ち良く下ってその勢いでモリモリ登って…爽快だっただろうなと思います。が、誰もが記録が出にくいコースと言っているし、実際きついコースなんですけど…。最後モリモリ登れる脚力って凄いと思いますkao-a17.gif

 私は実業団時代に走りました。もう12年も前になります。

当時、2時間30分切りを狙い、調整もバッチリでした。が・・・目標達成ならずの苦しい結果でしたdown.gif。(2時間30分39秒8位) 

 コースは全体的に下り坂。後半の30キロ過ぎにハートブレイクヒルと呼ばれる心臓破りの丘があります。
 
 ハートブレイクヒル…レース前に試走はしていたのですが、「噂に聞くほどの坂でもないじゃん。このくらいの坂で心臓破れるか~?」というくらいの印象でした。起伏大好き、登り坂得意な私には、とっても向いているコースだと思っていました((´∀`*))。
 
 が、実際レースで走ってみると辛かった・・・。30キロまではなだらかな下りもあって、知らないうちにどんどんスピードに乗る感じでした。急激な下りではないので、「今日は足が軽い。絶好調かも!?」という錯覚を起こしやすい気がします。ノリノリで走っていると、思った以上に足に負担が来てしまい・・・30キロから急激にペースダウン。本当は「30キロからがマラソン」と言われる様に、そこから頑張らないとだったのですが・・・。試走ではなだらかという印象だった登り坂が、激坂に思えて・・・hatena03 (2).gifup.gif
 
スタートとゴールの高低差を比べると、高いところからスタートして低いところでゴール・・・楽なイメージが湧くと思いすが・・・最後の最後に登るというのは、スタミナと筋力が有り余ってないとかなり辛いです。
 
でも…沿道の応援は切れ目なく盛り上がっているし、100年以上続く歴史もあり…いつかまた一度は走ってみたいと思うとっても魅力的な大会ですhana08.gif
 
さて、シドニーはどんなコースかな?昨年、佐々木コーチが行っているので聞いてみようかな~と思います。コースを知って作戦立てるっていうのも大切ですネbikkuri04.gif
 
以上、長々とレース報告&思い出話(?)でしたkao07.gif

One thought on “【スタッフより】レース報告&ボストンマラソンの思い出

  1. havanice
    #

    優勝おめでとうございます♪ 廣瀬コーチのファンの私☆には、うれし〜っ(^∀^)ノ
    ボストンのお話も刺激になります。またこのように 過去のマラソンエピソードをコーチの皆さん、ぜひお聞かせくださいね。

    Reply

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です